コンビニ証明にも関係ありますね。第6回 マイナンバー等分科会 議事次第<平成26年11月11日>

マイナンバーカードは2016年1月から取得できるように
なる予定ですが、これについて検討が多くされてます。
現在の公的個人認証からの引継ぎもありますしね、当然
コンビニ証明でも引き続き利用できるようになります。
是非、第6回 マイナンバー等分科会 議事次第(首相官邸)
をご確認くださいね。 

<配付資料>
【資料 1-1】 新戦略推進専門調査会マイナンバー等分科会構成員名簿
【資料 1-2】 新戦略推進専門調査会マイナンバー等分科会の運営について
【資料   2】 個人番号の利用範囲拡大の検討状況について(内閣情報通信政策監への報告)
【資料   3】 マイナンバー制度全体の進捗状況
【資料   4】 個人番号カードについて(総務省・地方公共団体情報システム機構提出資料)
【資料   5】 法人向けポータルに関する検討状況(経済産業省提出資料)
【資料   6】 マイポータル/マイガバメント(仮称)の実現に向けた検討について
【参考資料1-1】 マイナンバー等分科会 中間とりまとめの概要
【参考資料1-2】 マイナンバー等分科会 中間とりまとめ
【参考資料1-3】 マイナンバー制度の導入により効率的で利便性の高い電子サービスの実現(ロードマップ)